公開履歴
美しいまつげ

目元の印象一つで好感度も変わってしまいます。アイメイクは第一印象の一番目立つポイントでもありますし、こだわってい1番力をいれているという女性も多いです。マスカラとビューラーは昔から使われていましたが、近年つけまつげやマツエクをする方も増えています。しかしまつ毛には非常に大きいダメージが与えられてしまいますし、まつ毛を育毛して理想的な目元に仕上げるのもお勧めです。実際に男性の中にはマツエクやつけまをするのは派手で苦手という方もいますから、ナチュラルメイクにしてみるのも良いでしょう。

そこでまつ毛を理想的な長さとボリュームにするために使いたいのが、まつ毛育毛剤です。ドラッグストアで売られているまつ毛美容液は医薬品部外で、化粧品という部類に入りますし効果が異なります。まつ毛美容液の場合には、保湿と肌を整える成分は配合されてはいますが、成長に関わる成分が含有されていませんので医薬品を使う事がポイントです。

医薬品でまつ毛育毛をしようとしたときに、美容外科や皮膚科、眼科で診察を受けることになりますが、治療を行っているほとんどのクリニックで処方されるのがルミガンです。ルミガンは世界初まつ毛貧毛症の治療薬として認められたもので、口コミでの評価も非常に高く、多くの方に効果がある薬として注目されています。

ちなみにルミガンは世界初まつ毛貧毛症の治療薬として認められた薬ではありますが、本来は高眼圧症や緑内障の治療目的で作られた点眼薬です。高眼圧症や緑内障の患者が使用していく中で、副作用としてまつ毛増毛が起きたということで注目されました。ビマトプロストという成分が含有されていますが、この成分によって休眠状態にあるまつ毛に対して作用し成長させることが出来るということが発見されたのです。

思わぬ副作用でほかの効果が見つかったということですが、美容を意識してまつ毛を伸ばしたいという方にとっては嬉しい事です。緑内障や高眼圧の方にとってはまつ毛が伸びるというのは副作用でしたが、まつ毛を伸ばしたい、また貧毛で多くしたいという方にはそれ自体が求める効果ということで使用用途は使う方によって異なる点眼薬です。

まつ毛だけではなく、毛髪やそのほかの体毛にも毛周期があります。生え始める成長初期、そしてどんどん伸びる成長期、そして休止期や抜け落ちる退行期などがあり、それを繰り返しています。毛髪はその周期が数年ですので長くなりますが、まつ毛に関しては3~4か月ですので抜け落ちてしまうまでの期間が早いため毛髪のようには伸びません。

欧米人と日本人のまつ毛は見た目が全く違います。平均的な長さも密集度も欧米人の方が長く密度が高いですが、なぜこんなに違うのかと思ったことはありませんか。体質や遺伝、さらに生活をしている環境に合わせてカスタマイズされていくのが人間ですので、住んでいる環境や人種などが大きく影響しているからです。しかし日本人でも、もっとまつ毛をふさふさに長く、ボリュームを出したいということでしたらまつ毛育毛剤でそれが実現出来ます。

ビマトプロストの含有があるルミガンは、休眠状態の毛母細胞に働きかけ、毛サイクルにおける成長期を延ばす事が出来るためです。そのため2~3か月ほど使うとかなり見た目の印象も変わるぐらいまつ毛は伸びて、本数も増えます。本来の休止期や退行期のタイミングがずれることにより、根本的に増えていきます。

ルミガンは1日1回塗布するのですが、ポイントは就寝前に塗ることです。成長ホルモンが分泌されるのが睡眠中の22時から2時にわたるゴールデンタイムであるためです。効果は非常に大きいので試してみると良いでしょう。