まつ毛の毛周期を知っていますか?

2019年11月04日
目がきれいな女性

脱毛サロンに通ったことが有る方はよく聞く言葉かもしれませんが、毛髪にしてもまつ毛にしても体毛には、毛周期というサイクルがあります。生え始めてくる成長初期、そしてどんどん伸びてくる成長期、成長がストップする休止期と、抜け落ちていく退行期と細かくわけると4つの毛周期です。

ちなみにまつ毛と毛髪ではこのサイクルの期間が全く異なります。というのも、毛髪の長さとまつ毛の長さを見れば一目瞭然ですが、毛髪が抜け落ちるまでには4~7年ほどかかりますが、まつ毛は3~4か月という周期であるためです。まつげの毛周期が何年もあったら目が隠れてしまうぐらい長く伸びてしまうでしょう。ごく稀に眉毛がびっくりするぐらい長い方がいますが、それはその方のヘアサイクルが一般的な方よりも長いということになります。

欧米人の場合、日本人よりもまつ毛が長く密集度も高いのですが、遺伝や生活している環境によっても変わってきますが、この毛周期にも関係していると言われています。成長期が長ければそれだけ長くなっていきますしボリュームも増えます。そのメカニズムにマッチしているのがまつ毛育毛剤に入っているビマトプロストの効果なのです。

健康的なまつ毛が育つためには、食事で必要な栄養素をしっかり摂る事も重要なポイントです。食べた物が体を構成すると言っても過言ではありませんし、それは毛髪やお肌にも大きくかかわりが有ります。まつ毛にも健康にも良いと言われている栄養素として、まずL-シスチンが挙げられます。L-シスチンには皮膚や体毛、また爪の主成分でもあるタンパク質を生成するために重要な栄養素です。牛肉や羊肉、牛乳、鮭やオートミールなどに含まれており、肉を摂取する時に野菜と一緒に食べると効果的です。

続いてメチオニンですが、必須アミノ酸の一つでもあり自分の身体では生成することが出来ない成分です。そのため食事からの摂取となりますが、まつ毛などの体毛を構成するタンパク質のほとんどがケラチンで、そのケラチンを生成するためのアミノ酸の材料として必要なのがメチオニンです。メチオニンが多く含まれる材料には、鶏肉や牛肉や羊肉、マグロやカツオなどの魚類、また牛乳やチーズなどの乳製品や豆腐やナッツが挙げられます。

メチオニンとL-シスチンがタンパク質を生成するために必要な材料ということですが、食べ物だけでは十分な量を摂取出来ないということであれば、サプリメントやドリンクなどを利用して効率よく摂取していくという方法もあります。身体の外側からだけではなく、内側からも有効成分を摂取する事でより効果的に育毛をして言う事が出来ます。

外側からということですと、成長初期から成長期、休止期と退行期というヘアサイクルの中で、成長期を延ばしてあげる事が出来るビマトプロストの成分が入っているルミガンが効果的です。またルミガンにはジェネリックでケアプロストも出ていますので、ニーズに合わせて使っていきましょう。